イベント会社はインターンは多い?

イベント会社転職TOP >> イベント会社のFAQ >> イベント会社はインターンは多い?

イベント会社はインターンは多い?

近年、インターンシップ制度を導入する企業が増加してきました。なかでも、イベント会社では、積極的にインターンシップを採り入れて、新しい人材の発掘にいそしんでいます。

そもそもインターンシップと、学生が企業などで研修生として一定期間働き、将来就きたい業界で就業体験をする制度です。インターンシップは世界的に行われていますが、日本では大学3年生の春休みや夏休みなどの長期休暇に体験することがほとんどで、これ以降に本格的に始まる就職活動を有利に進めるべく、志望する業界で経験を積みます。これにより、いきなり入社するよりもミスマッチが起こる確率が少なくなり、新入社員の早期退職を防ぐことにもつながるというメリットがあります。現在では、多くの大学でインターンシップを体験することを推奨しており、それを単位として認定するところも増えています。学生以外でも、転職前にインターンシップで実際の業務を体験するという人も増えています。

このように、就職・転職希望者にとってメリットの大きいインターンシップ制度ですが、それを受け入れる企業にとっても、同じくメリットがあります。まず、採用候補者の下見になるという面があります。どんな業界においても、企業が採用を行う時は慎重にならざるを得ません。昨今、新卒採用者の3割は入社から3年以内に退職してしまうとも言われています。インターンシップ制度では、実際に企業内に就職希望者を招き入れ、普段の業務に携わってもらうことで、適性や素養を見極めたうえで採用候補者を絞ることができるので、せっかく採用した人材がすぐに辞めてしまうという事態を防ぐことができます。一度や二度の面接を行うより、実際の現場で共に働いて時間を共有する方が、採用候補者の性格や適性を判断しやすいというわけです。

イベント会社では、常々、新しいイベントの企画・運営などの業務を行っています。すでに関係を築いている既存のクライアント相手であっても、常に新しいアイデアを出してビジネスを活性化させる必要もあります。それに携わるには、ユニークな発想ができ、かつ、多角的に情報を集める能力のある人材です。また、企画したアイデアはクライアントを納得させるだけの説得力でプレゼンテーションできなければなりません。つまり、ビジネスにおける総合的な能力が必須であり、経験の蓄積が生きる仕事です。そのため、イベント会社にとって、インターンシップを通じて知識と経験をある程度身に付けさせることは、入社してからスムーズに業務に入ってもらうための前提と言ってもよいのです。

イベント会社の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

イベント会社転職の基礎

条件別のイベント会社求人

注目のイベント会社求人

イベント会社のFAQ


Copyright (C) 2014-2022 イベント会社転職エージェントランキング All Rights Reserved.