激務でないイベント会社求人

イベント会社転職TOP >> 条件別のイベント会社求人 >> 激務でないイベント会社求人

激務でないイベント会社求人

イベント会社の仕事というのは、激務というイメージがあることでしょう。しかしながら、いちプランナー職であれば、ある程度イベントディレクターなどの上級職の人間がイベントのコンセプトを決める前であったり、営業職がクライアントを連れてこない限り、17:00や18:00までといった時間で勤務を終了することができるためそこまで激務とは感じないことも多いものです。更に土日祝日の完全週休二日制を採用しているイベント会社も少なくありません。

ですから、想像していたよりも、そこまで激務ではないと感じることも多いことでしょう。しかしながら、第一土曜だけは出勤日に指定されているというような所や、繁忙期と呼ばれる夏場から冬場に掛けての期間は土日出勤になるといったことも珍しくありません。こういった時期に突入すると一気に激務と感じることも多いはずです。つまり、暇な時期と忙しい時期とでの差があるということです。

イベントプランナーなどの職種でも、イベントの開催日が決定しており、期日というものが決まっている場合には、やはりそれに合わせて残業や休日出勤といったものが待っています。期日を伸ばしたりなどの変更は、そのイベント会社の信用問題に関わる重大なペナルティーですから、こういった行動は当然だと言えるでしょう。基本的にイベント会社のほとんどは、裁量労働制を採用している所がほとんどです。ですから、労働時間は明記されているものの、早く終われば早く帰れますし、仕事が遅ければ当然に遅くなるというわけです。

激務ではないイベント会社の求人は、すべてのイベント会社の求人と言えますし、逆にすべてのイベント会社求人が激務にもなると思っておいたほうが無難です。慢性的に激務な看護師などの仕事のようなものではなく、プロジェクトごとで激務が待っているプログラマーやゲームプログラマ職と似ているような状況と言えるでしょう。

大手の場合、仕事が細分化されているといったことや、裁量労働制である程度に要領よく仕事が出来る方が多いため、定められた時間内で仕事が終わることが多く、激務ではないと言えます。ベンチャーなどの場合には、仕事の垣根というものが少なく、すべての担当をすることが多いため、イベントそのものに出席することも多く、休日と重なれば出勤したり、マンパワー不足のため、日々残業といったケースも珍しくありません。しかしながら、激務ではないイベント会社求人は、何気に多く存在しているといえるでしょう。

イベント会社の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

イベント会社転職の基礎

条件別のイベント会社求人

注目のイベント会社求人

イベント会社のFAQ


Copyright (C) 2014-2022 イベント会社転職エージェントランキング All Rights Reserved.