給料が高いイベント会社求人

イベント会社転職TOP >> 条件別のイベント会社求人 >> 給料が高いイベント会社求人

給料が高いイベント会社求人

イベントスタッフの給料の平均は、年収が300万円ほど、月収が20万円ほどであり、販売・接客業の中では最も給料水準の高い職種となっています。特に、35歳以下の若い世代で高い給料水準となっています。その理由として、イベントスタッフの業務が、イベントの企画立案から運営、会場の設営からスタッフの管理、機材の搬入・搬出、そしてプロモーションなど、多岐にわたることのほかに、体力も必要とすることにあるようです。

一口にイベントと言っても、ライブやコンサートといったエンターテイメント系のイベントや、サッカーや野球に関するスポーツ系のイベント、絵画や美術品を展示する芸術系のイベントなど、その種類はさまざまです。どの系統のイベントスタッフの給料が一番高いかは、一概に言うことはできません。小規模なイベントよりも大規模なイベントの方が高かったり、地方でのイベントよりも大都市で開催されるイベントの方が高かったりといった傾向はありますが、必ずしもそうであるとは言い切れません。ただし、スタッフ管理だけや搬入・搬出だけといったように、ピンポイントで関わるのではなく、企画から会場の後片付けまで、イベント開催の一連の作業すべてに関わるようなポジションの方が、給料は高くなります。また、会場設営や警備といった運営に関わる仕事よりも、イベントの企画や計画に関わる仕事の方が、給料は高くなります。

大きなイベント会社であれば、イベントの系統ごとに担当部署が分かれていることも多いでしょう。しかし、どのようなイベントを担当する部署であったとしても、上流工程と言われる、企画・立案・計画に携わる部門は給与も高くなります。ただし、入社してすぐに、そういった上流工程の仕事を任されることはまずないでしょう。大きなイベント会社であるほど、仕事の内容は細分化され、それぞれに異なる担当者を割り当てているため、まずは会場設営や警備などの現場の仕事を経験し、イベントスタッフの仕事について十分に学んでから、徐々に上流工程の仕事を任されるようになります。

一方、女性の場合には、キャンペーンガールやイベントコンパニオンとしての仕事もあります。これは一般的なイベントスタッフの仕事とは異なりますが、給与の面では比較的高額であることが多いようです。イベントに関わる仕事で高額な給料を希望するのであれば、こういったイベントコンパニオンなどの仕事を選ぶのもいいでしょう。

イベント会社の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

イベント会社転職の基礎

条件別のイベント会社求人

注目のイベント会社求人

イベント会社のFAQ


Copyright (C) 2014-2022 イベント会社転職エージェントランキング All Rights Reserved.