ディレクター職のイベント会社求人

イベント会社転職TOP >> 条件別のイベント会社求人 >> ディレクター職のイベント会社求人

ディレクター職のイベント会社求人

ある程度の実績があれば、イベントや展示会などのプロジェクトに対してプランニングからプロディースまでを行なっていく仕事になります。いちプランナー職をある程度に経験した方であれば、一段階上のキャリアアップとして、イベント会社のディレクター職を目指すことが多いものです。ですから、それなりの経験を有している方が転職求人の対象になっていることが多く見られています。

転職先の企業によって、細かい仕事の内容は違ってきますが、企画やコンセプトを立案して、クリエイティブ職へのディレクションを行なっていくというのが一般的なイベント会社のディレクター職の業務内容になります。企業規模や事業範囲によっては、記者発表や映像制作、スポーツイベントなどのさまざまなプロモーションに携わることが出来るでしょう。沢山のプロモーションに携わるジャンルが多いからこそ、逆に求められるものも増えていきますから、それなりの知識やスキルを求められることになります。

つまりは大手や企業規模が大きなイベント会社や、中小規模でも事業範囲が広いようなイベント会社のディレクター職の求人に巡り会い、転職を成功させるためには、幅広いジャンルの企画や制作の実績や、高い企画力と発想力を求められることになります。かなりハードルが高いと覚悟しておいたほうが良いでしょう。ディレクター職は一般的なプランナー職と比較しても、権限が与えられている分、高い責任を伴う職種だということも忘れてはいけません。

負けたり、投げ出さない方や、信じ抜く、やり抜ける力を持った人材が評価されることになります。基本的にポジティブ思考であり、野心というものを兼ね備えている人材などもイベント会社のディレクター職にはマッチしている人材と思われています。実際に出されているディレクター職のイベント会社求人では、企業規模にもよりますが、一般的なプランナー職よりも、高待遇で迎えられることが多くなっています。

600万円台後半から900万円といった所が相場となっていますが、1000万円を超えるような求人はなかなかに見つけることは難しいと言えるでしょう。ディレクター職の場合で1000万円以上の給与を稼ぐ方の多くはフリーランスになっていることが多いものです。年齢制限は基本的にはありませんが、30歳から35歳という年代にターゲットを絞っているイベント会社は多いようですね。ある程度の実績を積んで次にステップアップしたい方にはオススメの転職求人 と言えるでしょう。

イベント会社の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

イベント会社転職の基礎

条件別のイベント会社求人

注目のイベント会社求人

イベント会社のFAQ


Copyright (C) 2014-2022 イベント会社転職エージェントランキング All Rights Reserved.